釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

主にハードルアーで魚に挑み、返り討ちにあう。そんな物好き釣り士の日記です。

サーフ釣行お勧めウェーダー7選

どうもゴロモンです。

 

今回は、サーフ釣行で使用するウェーダーをご紹介しようと思います。

 

いつもの通り、私ゴロモンの好みと独断と偏見で選んでおりますので、ご了承をお願いします。

 

最初にですが、ウェーダーを使用する場合、必ずライフジャケットを着用しましょう。

サーフでは波があるのは当然のことですが、予想外の大波がくることもあります。

また、砂に足を取られたりなど、転倒しウェーダーの中に水が入ると起き上がれなくなり、最悪は溺れます(犬神家のようになりますよ)。

ですから、ウェーダーとライフジャケットは1セットとして必ず着用しましょう。

 

さて、ウェーダーといっても何種類かあるのですが、サーフで使うことを前提条件として、胸まで覆う長さのチェストハイのブーツ一体型を選択しておけば間違いありません。

 

また、サーフでは海には膝より下までしか入らず、波避け程度にしかウェーダーを使用しないという条件下で使用しましょう。

膝より上まで入ると波にのまれる可能性があり大変危険です。

 

そして靴底(ソール)はラジアルフェルトフェルトピンの3種類があります。

 

サーフでは基本、足元は砂なのでどれでも良いですが、コンクリートやゴロタ石等もあるサーフならフェルトピンがオールマイティーで良いと思います。

 

私ゴロモンのウェーダーはフェルトピンの靴底のウェーダーを使っています。

 

そしてウェーダーは、その素材で「PVC」と「透湿防水」の大きく2種類に分けられます。

その特徴を簡単にご説明すると以下の感じですね。

・PVCポリ塩化ビニール):通気性が無い(蒸れる)、耐久性は高い、安価

 

・透湿防水:内部の湿気は外に出すけど、外からの水は通さない。蒸れにくい。ゴアテックスが有名。高価であることが多い。

 

どちらを選択するかで値段と快適さに違いがありますね。

私個人的には透湿防水のウェーダーを使っています。

 

 

 では、本題に入りお勧めウェーダー7選です。

 

まずは、mazume(マズメ)です。

海のルアーマンに人気のメーカーで、私ゴロモンも以前は、マズメの透湿防水ウェーダーを使用していました。

そのmazumeからは、まずはこれ。

①MZXエントリーウェイダー MZXBF-042

 
f:id:golomon:20180313185010j:image

MZX エントリーウェイダー | PRODUCTS | mazume

 はじめて履くウェイダーとして!!

安価でも多機能

mazumeがどのメーカーよりも先駆けて変えていった、ショートブーツの歩きやすさや、タイトシルエットによる水の中で足サバキやすさ、

そして耐久性を追求するために、それまでの常識にはなかった脚の内側に縫い目を作らないカッティングパターンのよさを知っていただけるはずです。

ちなみに今、安価なPVC製のウェイダーを履いている人であればなおさらのこと、その違いは履けばすぐにわかります!(メーカー説明より)

 

f:id:golomon:20180313185546j:image 

靴底はフェルトソールとなっています。

 

安価で入門用にピッタリですし、使用頻度が激しく高い方に、どんどん履き潰して交換するのにも良いと思います。

[http://www..com/

:title]

 

 ②MZXゲームウェイダー サーフスペシャ

MZXBF-037
f:id:golomon:20180313201522j:image

砂をしっかり噛む、サンドパターンソール

mazumeオリジナルのブーツは、砂浜を歩きやすいように「砂をしっかり噛み、砂を蹴って前に進みやすいパターン」。そのため、フェルトソールのようにブーツが滑って歩きにくいということがありません。

また、mazumeオリジナルの立体裁断を施しています。従来からある内側に縫い目がくる裁断(通常のパンツの縫い方)ではなく、オリジナルパターンの立体裁断を編み出しました。これによって最も擦れやすい太ももの内側に縫い目をなくしました!これにより、耐久性が飛躍的にアップしています。(メーカー説明より)

 
f:id:golomon:20180313222043j:image

 mazumeがサーフ専用に独自開発した完全オリジナルブーツ。

 結構サーフでこのウェーダーを着用している方を見かけますので、多くの釣り士から支持されていますね。

[http://www..com/

:title]

 

 

 次はブルーストーム(高階救命器具)です。

以前、下記の記事でご紹介しましたが、ライジャケといえば高階救命器具というくらいの素晴らしい製品を送り出しているメーカーです。

 http://golomon.hatenablog.com/entry/2018/02/28/214318 

 

そのブルーストームからはこちら。

③フェルトスパイクウェーダー BSJ-SWD1


f:id:golomon:20180314205432j:image

BSJ-SWD1 | 高階救命器具株式会社/Takashina Life Preservers Co., Ltd.

 

BLUESTORMから、柔軟さと耐久性を兼ね備えた透湿防水ウェーダーの登場です。完璧な気密性を求められる膨脹式救命胴衣を製造している私達の工場では、フィッシングウェーダーの製造も一切妥協しません。アフターサービスは国内の整備工場で対応します。(メーカー説明より) 


f:id:golomon:20180314205632j:image

高い防水性と強度を備え、3層加工の透湿防水生地を使用。摩擦の多い足回り、膝、尻部にはCORDURAファブリックを重ね、2重構造になっています。

 

そしてブルーストームのウェーダーの特筆すべきがアフターサービスの充実でしょう。

f:id:golomon:20180314210726j:image

ピンホール補修やソール貼り替え、ブーツ交換、ソックス交換等、出来る限りの補修を日本国内の整備工場において行います。製品の修理をご希望される際は、お買い上げの店舗にお持ち込み頂き保証書をご提示いただき、修理をご依頼ください。お近くに購入した店舗が無い場合でも、お問い合わせのうえ、直接修理をお申込みいただく事も可能です。

 

良い値段ではありますが、当然値段に見合う性能であり、充実したアフターサービスまで完備なので、一度手に入れたら長く使えるので非常に良いと思います。

 私ゴロモンも、気になる逸品です。

[http://www..com/

:title]

 

次にRBB リバレイ(双進)です。

リバレイの製品は充実した機能と堅実な製品で使いやすいので、ベテランからビギナーまで満足できるのが特徴です。

 

そのRBB リバレイからはこちら。

④RBB タイドウォーカーⅢ

f:id:golomon:20180314213721j:image

http://sohshin-fishing.jp/products/8784.php

ビギナーからエキスパートまで

快適な足上げ、立体裁断と裏地メッシュ付き。生地はより軽く丈夫な引き裂きに強いリップストップナイロンを使用。過酷なフィールドに対応する立体裁断ソリッドシステム。

f:id:golomon:20180314214309j:image

ブーツドッキング部はダメージ軽減の為2重構造。


f:id:golomon:20180314214408j:image

滑りにくさと対磨耗性を両立したフェルトピンソール。

[http://www..com/

:title]

 

⑤RBB サーフウォーカーⅡ

f:id:golomon:20180314214709j:image

http://sohshin-fishing.jp/products/8785.php

 干潟、サーフ専用ウェーダー

タイドウォーカー同様、立体裁断、内側メッシュ。生地は軽くて丈夫な引き裂きに強いリップストップナイロンを使用。干潟やサーフなどで長距離移動でも、そのストレスフリーな履き心地はエキスパートの絶大な信頼を得ています。

f:id:golomon:20180314215156j:image

ブーツドッキング部はダメージ軽減の為2重構造。


f:id:golomon:20180314215259j:image

水を吸わないPVCソールはサーフ、干潟で威力を発揮します。

[http://www..com/

:title]

 

私的にはフェルトピンソールが良いのですが、サーフ専用に心が揺れますね。

 ただ、ブーツドッキング部の2重構造の部分に砂が入るのでは?

なぜなら現在、私が使用しているウェーダーも同様の作りになっているのですが、砂が入りますので。まあ、めくって水洗いするのが、ちょっと面倒なだけなのですが。見た目はカッコイイのですがね。

 

 

 次にシマノです。

熱砂」でサーフを牽引するシマノからはこちら。

⑥XEFO・ドライシールドウェーダー(中丸チェストハイ・カットピンフェルトソールタイプ)ZT WA-238P

f:id:golomon:20180314222308j:image

XEFO・ドライシールドウェーダー(中丸チェストハイ・カットピンフェルトソールタイプ) ZT|フットウェア|ウェア|製品情報|シマノ -SHIMANO-

ソールに縫製加工を施し安定性を向上。

防水透湿素材ドライシールドを採用。

膝部にクロロプレンパッド内蔵。膝部と尻部は2重生地仕様で高い耐久性。

ブーツ部は特殊PVC素材を使用し、剛性感とソフトな履き心地を両立。

クッション性を高めるカップインソール内蔵。

 
f:id:golomon:20180314223714j:image

屈曲性とグリップ力を可能にするカット溝を施した12mmフェルトソールを採用。すり減りやすい、かかと部は2重構造。

[http://www..com/

:title]

 

⑦XEFO・マックスデュラウェーダー(中丸チェストハイ・カットピンフェルトソールタイプ)WA-258Q


f:id:golomon:20180314225151j:image

XEFO・マックスデュラウェーダー(中丸チェストハイ・カットピンフェルトソールタイプ)|フットウェア|ウェア|製品情報|シマノ -SHIMANO-
 ソールに縫製加工を施し安定性を向上。

ドライな感覚を生むメッシュ生地内蔵。

 表地は、摩耗に強いナイロンオックスのPVC防水加工生地。

ブーツ部は特殊PVC素材を採用し、剛性感とソフトな履き心地を両立。

クッション性を高めるカップインソール内蔵。


f:id:golomon:20180314225735j:image

屈曲性とグリップ力を可能にするカット溝を施した12mmフェルトソールを採用。すり減りやすい、かかと部は2重構造。


f:id:golomon:20180314225815j:image

内側はドライ感のある快適なメッシュ仕様。

[http://www..com/

:title]

 

 今やサーフと言えばシマノですからね。憧れはあります。特にソールにカット溝が加工してありますので、歩きやすさがUPしていると思います。

 

ということで、サーフ釣行で使用するウェーダー7選、いかがでしたでしょうか?

 

良い性能(透湿防水)のウェーダーを大事に手入れして長く使うか?、安価な物を早いサイクルで履き潰すか?この辺りの選択は、皆様の釣行回数と頻度によるかと思います。

 

ちなみに、海までちょっくら距離があって月に1~2回の出撃くらいの私ゴロモンは、前者の透湿防水を選択してますね。

 

ウェーダーを履き潰すくらい、行ければいいのですがね・・・。

 

ウェーダーお勧め7選、読まれたどなたかの参考になれば幸いです。

 

ではまた。