釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

主にハードルアーで魚に挑み、返り討ちにあう。そんな物好き釣り士の日記です。

勝手にハードルアー烈伝~ジッターバグ編

どうもゴロモンです。

今回は、私ゴロモンが使用して良いなと思うルアーを適当に勝手に紹介する「勝手にハードルアー烈伝」です。

 

 第3回目は、フレッドアボガスト社のジッターバグです。

f:id:golomon:20171214152220j:image

ジッターバグはルアー釣りをする人間で知らない者はいないであろう名品ですね😄。

私的には、ジッターとクレイジークローラーは天才の発明と思いますよ。

 

サイズは1/4oz、3/8oz、5/8ozがありまして、現在は3/8ozと5/8ozが一般的に入手可能でしょうか。あとラトル入りのclicker(クリッカー)があります。

他にマスキージッターバグ、ジッタースティック(廃版)、ジョイントもありますが、今回はちょっと置いといてまた別の機会にでも。

 

ジッターバグを今更ながらご紹介する訳ですが、2017年の夏、私ゴロモンはナマズフィッシングに狂いまして、かなりの釣果を上げました。その中で、今や色々なナマズ用のルアーがありますが、ジッターバグはなんだかんだ言っても昔から一番釣れるルアーなのですよこれが❗

ということで少々ジッターバグの歴史から紐解いてみましょうか😔。

 

1937年にフレッドアボガスト社から5/8ozのウッド製が発売された様子で、約80年前からほぼ形を変えず存在する名品。独特のカップは1940年にパテント取得されているらしいです。

カップが真っ直ぐ付いて無いのは最初の泳ぎだしを良くする為の工夫とのことで、アメリカンルアーに多い失敗ではないらしいですよ😅(今は違うかな)。

 

第2時次大戦中は金属不足でプラスチック製となり黒・白・赤・黄があったようです(結構有名な話ですが)。

あとクリアーがありますが、これは1990年頃に発売された様子。

あんまり覚えてないですが、当時購入した記憶は残ってて、今も大事に持ってますよ😊。

f:id:golomon:20171219155654j:image

 

私が慣れ親しんだジッターバグは80年後半~90年代の物なので、その辺りの物を見かけると欲しくなる衝動に駆られますね😅。

 

現行品と90年頃までの見分けですが、1つはラインアイの形状が違うようです。

90年頃までは下記のラインアイ。

f:id:golomon:20171219155123j:image

 

それ以降は下記のように直線部分が長くなっています。

f:id:golomon:20171219155146j:image

年代によって多々ある様子ですが。

 

また最近の物は、カップに刻印されていたパテントNOが、パテント切れに伴い刻印されずにアボガスト社名の刻印に変更されていますね。

以前のカップは下記パテントNO 入り。

f:id:golomon:20171219155331j:image

 

最近は社名・品名のみ。

f:id:golomon:20171219155414j:image

昔の物には刻印無しっていうのもあるみたいですよ。

 

最近は、出目やプラカップのモデルが再び販売されているみたいですが、その辺りのことは良く判らないですね。

最近の物に興味があまりないもので(スイマセン😅)。

 

とういうマニアックな話はこれくらいにして、実釣では間違いなくナマズが大好きなルアーで、新旧どちらも変わりなくとにかく釣れます(間違いなしです)❗。

 

ナマズフィッシングに愛される理由を数点挙げますと、

1.やはりあの独特の甘いカポカポ音でしょう🎵。この音に変わりは無いですね。少しスレたらプラカップやジョイント、またはクリッカーを使ったりのローテーションですね👍。

 

2.操作が簡単ですよ👍。ただ巻きでアクションとサウンドが出せてオートマチックですね🎵。下手な小細工よりただ巻きが一番と思います。

 

3.多様に改造が可能ってことでしょうか。例を挙げるとフックチューンやケミホタル装着、カップ交換など人それぞれに工夫を凝らし挑む楽しさがありますね。

私も色々と考え試しておりましたよ🎵😄。

f:id:golomon:20171219160446j:image

 

4.カラーが豊富にありますね。全種類でどれだけあるのでしょうかね?

私も好きな色を多少集めましたけど、いくら集めても切りがないので止めました😓。

 

 

色々なカラーがありますので好みの物で釣るのは最高でしょう😄。

 

とにかくナマズ釣りは楽しいですよ。

トップに果敢にアタックして喰い損ねるなんて日常茶飯事、酷い時には通過後のところに出たり、ルアーを跳ね飛ばしたりでミスが多いなんて、面白いじゃないですか?焦れったいのが堪らないですよ😄。

なので、何とかフックアップを良くしようとジッターバグのチューンに試行錯誤するのも良いもんです。

 

なんせ身近な川にあれほどの獰猛なフィッシュイーターがいるのですから、挑戦しないのは勿体ないですよ。

あのつぶらな瞳に癒されますしね😊。

 

ナマズも60を超えてくるサイズは結構なパワーがありますので、ラインは太目で切られないようにしましょう。

ほとんどの方はリリースされるのでしょうから魚にも優しくで。

食べると美味しいらしいですが、私にはその勇気はありませんけど。

 

ただ、昔よりジッターバグの価格が高くなったと思うのは私だけでしょうか?1個千円しなかったはずが・・・ちょっと最近驚きました😲💦。

 

梅雨時期~夏がナマズの最盛期となります。

皆さんも近所の川でジッターバグを楽しまれてはいかがでしょうか?

 

ではまた。

 [http://www..com/

:title]