釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

主にハードルアーで魚に挑み、返り討ちにあう。そんな物好き釣り士の日記です。

鹿島灘サーフ釣行とサーフクリーン~2022年5月15日

 

どうもゴロモンです。

 

今回は、5月15日(日)鹿島灘サーフへとサーフクリーンと釣行のため出撃しましたので、その模様をお伝えします。


f:id:golomon:20220516102001j:image

 

前回の記事で書きましたが、5月15日(日)に、茨城県鉾田市の大竹海岸でビーチクリーンが開催されるとのことで、今回初参加することにしました。

 

 

いつも遊ばせて頂いているサーフに、せめてもの恩返しって感じですね。

 

ビーチクリーンの開始がAM9:00~となっていましたので今回は、朝マズメは釣りをして、その後ビーチクリーンに参加って算段です。

 

 

この日の海況は、曇りで午前中は風が少々強いですが、午後はだいぶ落ち着く様子。


f:id:golomon:20220516104439j:image

ただ気温はちょい低め。

特に朝方は寒さを感じそうです。

 

この日の潮は大潮。

AM9:29に干潮なので、結構な勢いで引いていくみたいなので、チャンスタイムは短い感じですかね。


f:id:golomon:20220516110335j:image

 

ビーチクリーンがありますので、朝の釣行は、AM8:00には止めて、現地へ移動に向け準備する計画です。

 

今回のタックル

・ロッド:シマノ NESSA S1100MMH

・リール:17ツインパワーXD 4000xg

・ライン:DUEL HARDCORE スーパーX8

・リーダー:VARIVAS SEABASSショックリーダー 20lb(ナイロン)


f:id:golomon:20220516222546j:image

 

実は今回、手持ちの中から古いタックルで釣行することにしました。

 

あまり考えたくは無いのですが、もしかすると車上荒らしの被害に遇うかもと😱

 

私の場合、普段の釣行の際は予備タックルは一切持って行かないので、車に釣具は皆無で置いておらず、あるのはオッサンの着替えくらいです。

 

釣行時は、基本的にはタックルから離れることはありません。

 

ただ今回ばかりは、サーフクリーン参加中は、どうしても車にタックルを積んだままの状態で車から離れざるをえないのですよね。

 

なので、買ったばかりの22ステラとNESSA LIMITEDをセットで盗まれるなんて事になったら、そのショックは計りしれんなと😱

 

なので今回は、旧NESSAと17TPXDのお久しぶりタックルで出撃です。

(決して盗まれて良い訳ではないですが)

 

 

さて、前置きはこれくらいで。

 

出発前夜の14日は、早めに就寝。

15日の当日はAM1:00起床。

 

眠さでモタモタしながら出発し、現地到着はAM4:30頃。

 

既に明るくなっておりましたので、急ぎ準備を整えAM5:00サーフイン!


f:id:golomon:20220516111914j:image

曇って肌寒いですねー。

 

「う〰️ちょい寒ぶ」って言いながら、目的の場所までテクテク歩きます。

 

サーフには、ちらほらとアングラーの方々が見受けられ、日曜日ってこともあり、後から続々と来られてる様子です。

 

しばらく歩いてイイ感じに流が効いてる場所がありましたので、この場所から実釣開始!

 

先ずは、いつものコチラから。

ima サスケ120裂波 からスタートです。


f:id:golomon:20220516102114j:image

 

しかし始めたものの、反応は得られず長~い沈黙の時が流れます。

 

近辺のエリアを移動しながらキャストを続けますが反応なし。

 

周囲の見える範囲では、誰のロッドも曲がることがなく、なかなか渋い状況みたいです。

 

そんな中、ちょっと重みを感じたので回収してみると・・・カニ


f:id:golomon:20220516102122j:image

 

本日初の海洋生命体確認・・・(-_-;)

 

その後も特に何も起こらず、時間のAM8:00を過ぎたので、テクテク車に戻ってサーフクリーンへ出発。

 

 

サーフクリーンの集合場所である大竹海岸駐車場には、AM9時ちょい過ぎに到着。

 

まだ開始される直前で、なんとか間に合いギリギリセーフヽ(^o^;)ノ


f:id:golomon:20220516102134j:image

 

会場には、堀田さんをはじめ、原田さん、TEAM・UMINEKOのメンバーと多くの参加者の方々が集合されてました。

 

サーフクリーンの注意事項のご説明を受けた後、各自ビニール袋を受け取り、大竹海岸の清掃を開始!


f:id:golomon:20220516102145j:image

 

指定の範囲内を各自で清掃。

 

近年マイクロプラスチックの問題が取沙汰されますが、確かに相当ヤバイ状況だと感じます。

 

とにかくプラスチック屑が多いこと。

 

そして、後は漁具ですよ。

ブイ・網・ロープ・発泡スチロールと、デカイのがゴロゴロしてます。

 

これもなんとかしたいなとは思いますが、さすがに持ち帰って自宅でゴミに出すのは無理。

 

何処かに集めたら回収して処分、なんて流れが出来ると良いのですが、なかなか難しいのかなと。

 

時間にしてどれくらいでしょうかね、1時間半くらい清掃したのかな?

 

綺麗になった海岸を見ながら会場へと戻ります。


f:id:golomon:20220516102222j:image

 

会場へ戻ると盛大にジャンケン大会が開催され、DUO製品が大盤振る舞いです!

 

しかし、ことごとくジャンケン1発目で敗退するという激弱をいかんなく発揮し、あっけなく終了(-_-;)

 

参加賞のエコバックとジャンゴグラブを、ありがたく頂きました。


f:id:golomon:20220516162153j:image

 

まさか参加賞までご用意されているとは驚きました。

 

運営の皆様方、どうもありがとうございました。

 

そして帰り際、なんと堀田さんにお声掛け出来るタイミングがありまして、1枚頂きました。


f:id:golomon:20220516102245j:image

 

ご多忙のところ快く撮影に応じて頂き、誠にありがとうございました。

 

パワーを頂きましたので、今年こそ座布団水揚げで頑張ります😊

 

サーフクリーンに参加された皆様、お疲れ様でした。

 

 

さて、無事にサーフクリーンを完遂したところで会場を後に。

 

本日後半の釣行へ向け、別のサーフへ車移動。

 

少々休んでPM14時過ぎ、本日2か所目のサーフイン!


f:id:golomon:20220516102258j:image

 

アングラーは遠くに1~2人くらいで、ほとんど貸切状態。

 

これは間違いなく釣れてネー、って事ですね(^_^;)

 

まさかの交通事故的な事もありますから、とにかく実釣開始!

 

なんとか1枚の水揚げを目指してキャストを続けます。

 

2ヶ所目の最初は、飛距離が欲しいのでシンペンからスタート。

 

DUEL  HARDCORE ヘビーショット125


f:id:golomon:20220516102309j:image

 

他のアングラーもいないので、自由に流れに乗せてフラフラ泳ぐベイトをイメージして好き放題にブッ込みますが反応なし。

 

こうなりゃ広範囲をサルベージです。

 

Jackson 飛び過ぎダニエル 投入!


f:id:golomon:20220516102320j:image

 

フルキャストでブッ込み続けていると、「グン!」と手応えを感じ水揚げしたのは・・・。


f:id:golomon:20220516102329j:image

 

良いサイズです(-_-;)

 

そして時間はPM17:00。

 

最後に、Jackson アスリート+12SVG(北海道限定)でランガン絨毯爆撃開始!


f:id:golomon:20220516102338j:image

 

しかし頑張ったものの、何の反応も得られず。

 

そしてPM17:30過ぎ、疲れて限界を感じ心も折れましたので終了としました●| ̄|_


f:id:golomon:20220516102346j:image

 

今年2度目のサーフ釣行でしたが、見事パーフェクトノーバイトでガッツリとホゲ散らかして2連敗。

 

ゴミを拾って徳を積んだはずでしたが、下心満々で魚に見透かされましたかね。

 

このままだと魚を見ずに6月に入ってしまうかも。

 

6月早々からはリモートサーフ感謝祭が開催されますし、その前に良い感じの場所を探し出したいですねー。

 

5月の最終の週末は、学校行事で行けないので今度の週末が5月のラストチャンス。

 

次の週末こそ今年の初物ヒラメの水揚げ目指して、懲りずに挑もうと思います。

 

さて、次は何処行こうかな。

 

 

ではまた。

 

 

*インスタやってます。

https://www.instagram.com/golomon.hardlure

Twitter

https://twitter.com/pTdWHFRAuGHJ1nV

お気軽にどうぞ。