釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

主にハードルアーで魚に挑み、返り討ちにあう。そんな物好き釣り士の日記です。

ガンダムマーカーエアブラシシステムで塗ってみた(塗装編)

どうもゴロモンです。

 

今回は前回に引き続き、ガンダムマーカーエアブラシシステムを使っての塗装を、実際にやってみた使用感などをお伝えする第2回目です。

f:id:golomon:20180821213650j:image

Mr.HOBBY.com/株式会社GSIクレオス ホビー部

 

今回は、塗装編と題して実際の使用感と、良い点や注意点などをご紹介します。

 

前回は、マーカーの「ペン先への色の充填」まででした。

ガンダムマーカーエアブラシシステムで塗ってみた(準備編) - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

では前回の続き、はじまり、はじまり〰。

 

 

●塗装準備

ちょっと忘れておりました。

塗装の前に、ぜひやっておくべきことがあるのですよ。

 

それは、塗装する場所の床上・壁に新聞紙や不要な紙などで養生することです。

 

本格的な塗装ブースをお持ちの方は別ですけどね。

 

私は屋外のベランダで塗装を行いましたので、床上に不要な紙を敷きまして、それと用意した物があるのです。

 

これ、3M スプレーブースです。

 

f:id:golomon:20180821222914j:image

[http://www..com/

:title]

 

スプレーのり等を使う時に便利な物なんですけど、今回のようなチョイ塗りにちょうど良いかと思いまして。

 

組み立て簡単で紙素材なので、後々燃えるゴミで廃却が簡単ですからね。

組立方法は裏面に記載されています。


f:id:golomon:20180821223546j:image

ちょちょいの・・・ちょいで完成。


f:id:golomon:20180821223650j:image

まあ、ただの段ボール箱でも良かった気はするのですが、気分的に違うってことで。

 

ただ、このスプレーブース1点注意があるのです。

空気の抜けが無いので、吹いた分の空気が戻ってきます❗

 

なので、ブシュ〰〰って勢い良く塗料を吹き付けると、どエライことになりますよ。

 

あくまで、シュッ、シュッって感じで使う簡易的な物かと思いますね。

 

ということで、周りを塗料で汚して大変なことに❗なんて笑えませんから😓

 

 

●エアブラシ本体へマーカーをセットする

 

さて、ペン先にしっかりと色の充填が出来たら、エアブラシ本体上部のホルダー部分へマーカーをセットします。



 

その際、マーカーのペン先がエアブラシ先端のノズル前にくるようにマーカーの差し込みを調製します。

f:id:golomon:20180823185000j:image

ペン先が少しノズル前に被さるくらいが、ちょうど良いくらいですね。

 

 

※差し込みが浅すぎた場合

f:id:golomon:20180823185018j:image

画像のようにノズル先端までマーカーの芯が届かない状態の場合、当然塗料が飛びません。よって何も塗れません(あたりまえですが)。

 

 

※差し込みが深すぎた場合

f:id:golomon:20180823185040j:image

 

画像のようにノズル先端の部分がマーカーの芯の根元付近になると、塗料が塊(ダマ)になって飛び散り、綺麗な塗装となりません。

 

この辺りの位置関係・さじ加減は個人の好みもあるかと思いますので、試し吹きで確認してくださいませ。


f:id:golomon:20180821215827j:image

 

塗装対象物との距離感ですが、取説によると7センチ程度が良いと記載されています。

まあ、この距離感も試し塗りで感触を確かめましょう。

 

 

●塗装

さあ、いよいよ本番です。

実際にルアーに吹き付けますよ🎵

 

ドキドキの初挑戦❗

まずはルアーの腹側にメタリックレッドを吹き付けます。

 

感じがまだ分からないので、ちょっと距離をとって、10センチ程度距離をとって吹いてみます。

 

シュッ、シュッ、シュッってね。

テールのほうから塗ってみます。

ルアー腹部のオレンジ色は、元々のカラーが残っているものです。

f:id:golomon:20180822071909j:image

 

意外にも、上手く出来るではありませんか❗

綺麗に塗れますよ。


f:id:golomon:20180822072151j:image

 

これは、腕というより道具が良いのではないでしょうか。

ボタンを押すと反応良く塗料が吹かれます。

 

次は別の色に変更してルアーの背側を塗装します。

今度はメタリックブルーで挑戦です。

 

画像は写真撮影のため、手で持っていませんが、実際にはルアーを手持ちで塗装しています。

f:id:golomon:20180822122643j:image

ルアーとの距離は約10センチで吹いています。

 

塗装中の臭気については、私ゴロモンは全く気にならないレベルでした。

 

ガンダムマーカーはアルコール系塗料となっていますので、匂いが少ないのでしょう。

 

ただしマーカーの注意書には、「換気をよくしてご使用ください」と記載されていますのでご注意ください。

 

臭気については個人差があると思いますので、あくまで私個人の感想となります。

 

 

●完成

 

さあ、吹き付け塗装完了です❗

 

初めてエアブラシによる塗装を実施しましたけど、上手く出来たのではないでしょうかね。
f:id:golomon:20180822125557j:image

背側の色ですが、画像奥はメタリックグリーン、画像手前がメタリックブルーにて塗装しております。

 

腹側はメタリックレッドを使用しました。

ただ、ちょっと失敗をしております😅。

 

前回書いたのですが、マーカーを良く振らずにペン先に塗料を充填し塗ってしまったのですよ。


f:id:golomon:20180822181253j:image

分かりにくいかもしれませんが、画像手前が良く混ぜずに塗ったもので、画像奥が混ぜた後に塗ったものです。

混ぜずに塗ったものは、メタリック感が弱くなっています。

 

 

●清掃

 

エアブラシ本体の清掃は、基本的には不要だと思われます。

本体に塗料を充填する訳ではないですし、エアーだけが流入するだけなので。

 

とは言うものの塗料の付着は実際に多少発生したので、その際は除去する必要はありますね。

取説には「水性ホビーカラー用うすめ液で清掃してください」って記載されています。

[http://www..com/

:title]

 

私が使った際は、塗料の飛び散りによるノズル先端部へ付着していました。

内部には付着していませんけどね。


f:id:golomon:20180822205933j:image

 

なので、手持ちのウスメ液で拭いて除去しました。


f:id:golomon:20180822210413j:image
メーカー推奨のものではありませんが、綺麗に塗料が落ちたのでヨシってことで。

 

 

●その他(ウレタンコーティングに対する耐性)

実は、このウレタンコーティングに対してのガンダムマーカーの耐性が一番気掛かりだったのですよ。

 

ルアーとして使うために塗装をする訳ですから、ウレタンどぶ浸けコーティングをしたら塗装が流れたり、剥離したら意味がありませんからね。

 

ガンダムマーカーがアルコール系塗料とあったのですが、それが実際どうなのかが分からなかったのです。

 

まあそんな訳で、実際にウレタンどぶ浸けコーティングをやってみました❗

 

結果はこちらです。


f:id:golomon:20180822192400j:image

 

バッチリ、問題なし❗

どぶ浸け2回を実施しましたが、全く流れたり剥離したり溶けたりしていません🎵

 

いやー、ホッとしましたよ😄

もしダメだったら購入した意味がなくなるところでした。

最悪、ガンプラ作りまくるしかないと。

ふぅー、良かった良かった😅

 

使ったウレタンコーティング剤は、いつものACCEL ウレタンコートMJ+ です。

[http://www..com/

:title]

 

これにて一通りの塗装作業を完了とします。

 

ここから先はこのガンダムマーカーエアブラシシステムについて、使用感を纏めます。

 

●良い点

①エアブラシ初心者の入門用に最適

手軽に、ガンダムマーカーをセットするだけで吹き付け塗装が出来る優れものですね。

しかもお値段も手頃な価格設定なのも魅力です。

ちょいと使ったり、入門用にはもってこいの逸品です👍

[http://www..com/

:title]

 

②充分なクオリティーの塗装が得られる

完成の画像を見て頂ければお分かりかとは思いますが、初めてエアブラシを使った私が塗ったにも関わらず、充分なクオリティーでしょう。マジで凄いです👍

 

エアブラシに慣れた方なら、もっと凄い塗装が出来ることでしょうね。

 

筆塗りに比べると数十倍上手くなった気がしますよ。

 

③色替えが楽

マーカー差し替えるだけで色が替えられるのですから、ちょー楽ですね。

洗ったりしなくて済むのですよ。最高です👍

 

④隠蔽力が凄い

これはガンダムマーカーの特性なのかと思いますが、下地の色が出ないのです。

 

今回、黒とシルバーホロの上にメタリックグリーンを塗ったのですが、1回の塗装で下地の黒とシルバーホロが見えないのです❗


f:id:golomon:20180822221354j:image

 

がんばって撮りましたけど分かりますか?

ガンダムマーカーは2度塗りの必要なしと思われます。

(塗装面のポツポツ見えるのは、黒の上に塗ったラメによるもので、気泡などではございません。念のため)

 

⑤すぐ乾く

乾くのは早いです。作業が進むので大変よろしいです。

 

⑥臭わない

家族はもとよりご近所さんからクレームなんてことになったら大変ですからね。

かなり臭いませんよ(私の鼻がいかれていたらゴメンナサイね)。

 

以上、良い点を挙げてみましたが、優れた品であることは間違いないところでしょう。

 

 

では、ちょっといただけない部分というか、注意すべきかと思う部分を挙げます。

 

●注意すべき事項

①マーカーに無い色は塗れない

当然ですが、ガンダムマーカーに無い色は塗れません。

混ぜて作ることもできませんね。

 

ルアー用として使う場合、グローや蛍光ピンク、蛍光オレンジなどの蛍光カラー、あとクリアー系が欲しいのですが無いですね。

 

グローカラーや蛍光カラーのモビルスーツが登場することを期待しましょう😅

 

まあ、ネットで調べると魔改造や代替マーカーもある様子ですが、そこは個人の責任でどうぞってことで。

 

②あくまで簡易エアブラシである

エアー缶を利用したエアブラシなので、連続使用すると缶が冷えてエアー圧に変動が発生するみたいです(圧が下がるらしい)。

 

ルアーをチョイ塗りする程度では、全く問題なく使えましたけどね。

 

たかだか2個塗っただけなのでエアー缶も中身はタップリ残ってます。

あと50個は余裕で塗れそうですよ(いつ使い終るかな)。

[http://www..com/

:title]

 

ベビコンに接続する方法もあるのですが、そこまでやるなら、本格的な品を揃えるべきでしょうね。

 

あくまで簡易エアブラシであり、ちょっと使うのに便利なことが良いのですから。

 

③広い面や連続使用には不適である

エアー圧の話もあるのですが、それよりもガンダムマーカーを使用していることが影響しています。

 

マーカーの芯に含んだ塗料を吹き飛ばして塗装していますので、芯に含んだ分が無くなると再充填が必要となります。

 

要するに色が出なくなったら、マーカーを本体から外してペン先をピコピコ押し付けて再充填の後、ふたたび本体にセットして試し吹きし、そして塗装再開って訳なのです。

 

吹き付け状態を毎回同じにセッティングすることは、結構面倒かもしれないですね。

 

ルアーの背や腹をちょいと塗るには問題にはなりませんし、そのくらいは充分塗れる量は充填されてますよ。

 

以上、注意すべき点を挙げてみました。

 

ということで、このガンダムマーカーエアブラシシステムですが、私のように月平均2~3個のルアー塗装を手軽にしたいって方には最高の品だと思います。

 

あと、プラモデルを月1個作るとかのレベルなどね。

 

●結論

ガンダムマーカーエアブラシシステム、充分使える簡易エアブラシ」ってことで良いと思います。

[http://www..com/

:title]

 

さあ、次はどれを塗ろうかな?

シャア専用カラーを用意して3倍釣れるルアーにするかな🎵

それともトリコロールカラーにして、「連邦のルアーはバケモノか⁉」にしますかね😄

 

 

ではまた。