釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

主にハードルアーで魚に挑み、返り討ちにあう。そんな物好き釣り士の日記です。

第3回ヒラメ王決定戦、参加者募集中❗

どうもゴロモンです。

 

今回は、上州屋&OWNERカップ第3回ヒラメ王決定戦】の受付が始まっておりますのでご紹介します。

静岡県近郊以外の方には役立たず記事かと思いますが、ご了承をお願いします。


f:id:golomon:20180918184720j:image

 

静岡県磐田市の福田(ふくで)漁港をメイン会場として遠州サーフで開催される、ルアーヒラメ最強アングラーを決める、このヒラメ王決定戦

 

サーフヒラメ大好き人間の、運と実力を試される年に1度のこの大会。

 

この大会への参加者の募集受付が開始されているのですよ❗

 


【サーフヒラメ最強アングラー決定戦!】第3回ヒラメ王決定戦、上州屋&OWNERカップ!|イベント情報|つり具の上州屋 - あなたのフィッシング&アウトドアライフをサポート

 

早速、【第3回ヒラメ王決定戦】の詳細をご紹介しましょう。

 

《大会要綱》

●開催日時:2018年10月28日(日) AM6:00現地集合

 

●集合場所静岡県磐田市豊浜4127-42 福田漁港「渚の交流館」先の特設会場

 

●開催場所静岡県磐田市サーフ(指定の競技エリア内)

 

●募集定員:150名

 

●参加資格:上州屋メンバーズ会員/フローティングベスト着用

 

●参加費用:1名1,500円/女性・中学生以下1名1,000円

 

《競技ルール》

●競技エリア:参加案内に記載(申込み時に貰えます)。詳細は当日発表。(大会時間内は車など徒歩以外の移動手段は禁止)

 

●釣り方:ルアーフィッシングに限る(エサ、サビキなど不可/船・カヤックなどの使用不可)

 

●審査:40cm以上のヒラメ1匹の長寸(口閉じ)

 

●注意事項

・ライフルジャケットは必ず持参着用、無理な立ちこみも禁止。

・怪我防止のため、キャップ・サングラスも着用。

・詳細な競技ルールおよび審査方法等は参加者に配布の参加案内に記載、または当日発表。

 

《タイムスケジュール(予定)

6:00~6:30 受付

6:30~7:00 開会式

7:30~12:30 競技

12:30~12:45 計測

12:45~14:00 表彰式

※当日状況により多少前後、変更を伴う場合あり。

 

《申込み方法》

本大会は、静岡県・愛知県・岐阜県三重県山梨県・神奈川県・東京都の上州屋グループ各店、店頭にて申込み。

店頭備え付けの申込用紙に必要事項を記入し、参加費を添えて事前申込み。

 

●受付〆切り:2018年10月21日(日)

※期間内でも定員になり次第に締め切り

 

以上が主なルールや注意事項などになります。

 

さて気になるのは、この大会が実際にどのような感じなのかというのは、上州屋の開催レポートをご参照ください。

[http://www..com/【サーフヒラメ最強アングラー決定戦!】第2回ヒラメ王決定戦、上州屋&OWNERカップ開催レポート! | 上州屋ニュース-つり具の上州屋 - あなたのフィッシング&アウトドアライフをサポート:title]

 

で、この第2回大会には私も参加しておりまして、楽しませて頂きました。

なんと抽選会で当たりましたので、なおさらですけど😄

 

マグカップにPEライン、ショックリーダーを頂きました✌
f:id:golomon:20180918212617j:image

その時の模様については、過去記事にありますのでご参照ください。

(当ブログの第1回目の記事なのですよ)

初めまして~第2回ヒラメ王決定戦~ - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

この大会の凄いところは、とにかく賞品が大量なのです❗

 

優勝~三位の入賞者には、クーラーボックスとその中に満タンの釣り具が貰えるのです。

 

そしてなにより欲しい物はこれですよ。

入賞者への副賞、額に入った黄金色の釣り針❗

f:id:golomon:20180918214538j:image

栄光の品ですよ。

これを頂くことを目指すのです❗

いつの日か欲しい逸品ですよ😍

 

そういえば、前回はマゴチ賞も1名様に用意されていましたよ。

こちらもクーラーボックスに満タンの品だったと記憶しています。

 

良いサイズのヒラメを釣れば文句なしですが、そう上手くはいかないのが世の常。

 

しかし、ホゲっても大丈夫です❗

参加賞と抽選会もありますので、お得なことは間違いありません。

 

いかがでしょう?自分の運と実力を試してみたくなったのではないでしょうか。

 

150人の定員になり次第に締め切りとなりますので、参加希望の方はお急ぎください。

 

ちなみに、当然ですが私ゴロモンは申込み済みですよ👍

1発勝負の運試し、楽しみです😄

 

ということで、【第3回ヒラメ王決定戦】のご紹介でした。

 

ではまた。

 

 

 

沼津サーフ釣行~2018年9月16日

どうもゴロモンです。

 

今回は、9月16日(日)、沼津サーフへと出撃しましたので、その釣行記をお送りします。

 

今回のメンバーは、kojiro とHiro の計3名です。

 

前日15日(土)の夜中に出発し、一路静岡サーフを目指し出撃です。

 

静岡サーフ?沼津サーフでは?

そう、実は今回、最初はヒラメ狙いで静岡サーフへ行ったのですよ。

 

迷ったんです、天気予報によると静岡サーフは「波2メートルうねりを伴う」って予報。

 

沼津サーフはというと「波1メートル」との予報。

 

迷いながらも、自分の中でヒラメ実積の高い静岡サーフへ向かったって訳です。

「波2メートルうねりを伴う」っていっても、たいしたことないだろうって。

 

さて、現地に早めに着いたのですが弱い雨が降っております。

予報では朝からは回復して曇り、昼にはスッキリ晴れているはずなので、ちょっと仮眠。

 

そしてAM4時に起床すると・・・霧雨だし😓

天気予報に裏切られ腹立たしいですが、雨ガッパ着て気合いの出撃💨

 

サーフに立つと海況に唖然( ; ゜Д゜)💧

「なんだこのうねりは・・・💦」

 

f:id:golomon:20180916215313j:image

 

画像で伝わらないのが残念なのですが、凄いことに。

時に2段に積まれたテトラを、うねりの波がぶつかり越えてくる状況に、声を失う我々・・・😓。

「なんじゃこりゃ、これが2メートル⁉・・・」

どう見ても2メートル以上ですよ。

 

さてさて、今回のタックルは以下の組み合わせです。

・ロッド:シマノ NESSA S1100MMH

[http://www..com/

:title]

・リール:シマノ 17 TWIN POWER  XD 4000XG 

[http://www..com/

:title]

・ライン:よつあみ スーパージグマンX8 PE 2.5号

・リーダー:VARIVAS  VEP ショックリーダー 40lb 

[http://www..com/

:title]

 

今回初となる、ネッサとツインパワーの組み合わせ。

ヒラメ狙いなのですが現地は青物が好調の様子なので、2.5号を巻いてあるツインパワーを選択です。

 

ヒラメもシーズン始めはソゲが多いですし、今回は青物主体かなと思いまして。

ヒラメではミノー系の飛距離を稼ぎ、なおかつ40gまでのジグで青物を狙おうとの魂胆で、ネッサの11ftを選択ということです。

 

そんなタックルで、とりあえずメタルジグを1キャストしてみたのですよ。

 

着水後カウントダウンで底をとろうとしたら、物凄い勢いでラインが引き出されていきます。

 

なんと強烈なうねりの引き波にラインが持っていかれているのです❗

 

これはヤバイ❗ってすぐにベールを返し、ラインを回収しますが、ラインは砕けた波の中に巻き込まれて猛烈に引っ張られ・・・

 

ついでに予想外の波のデカさに身の危険を感じるほど。

 

そして身の安全を確保のため、速攻で後退りしながら回収すると、なんと❗2.5号のPEが、あっけなく切れているのです💦

初めてです、驚きましたよ。

 

静岡サーフは石が多いサーフだからでしょうかね。

波の中で揉みくちゃにされてのことでしょう。

 

新品の撃投ジグと共に50mほどのラインが1投目から持っていかれました😢

 

ショックを受けながらもリーダーを組み直して2投目をキャスト。

 

1投目と同様に引き出されるライン❗

速攻で回収すると、強烈な引き波と石でゴリゴリとラインが擦れる感触が手元に💦

 

「ダメだこりゃ、釣りにならん」ってことでkojiro とHiro に確認すると同様にやられている様子。

皆、残ったラインもボロボロに💦

 

 

ということで15分程度で移動を決断です。

 

やっぱ最初から「波1メートル」の沼津サーフに行けばよかったのです。

 

後で天気予報を見ると・・・

 

f:id:golomon:20180916222944j:image

波が2.5メートルに増えてるし💢

 

まあしょうがないので、とにかく波が静かであろう沼津サーフへ移動です。

 

そして、AM7時頃に沼津サーフに到着。

以前として天候は霧雨です・・・天気予報の嘘つきめ💢

 

準備してサーフに立つと・・・

「これが波1メートル⁉・・・」

 

どう見ても「波2メートルうねりを伴う」です😓


f:id:golomon:20180916223800j:image

伝わらないでしょうが、うねりの影響で1.5~2メートル程の波が岸近くで突然立ち上がるのですよ。

なかなかの迫力です・・・。

 

こりゃ釣れる気がしないけど、これ以上移動しても仕方ないので開始です。


f:id:golomon:20180917081714j:image

周囲には以外にも釣人は多いです。

 

波足が長いのでかなり離れていましたが、それでも時おり強烈なうねりの波が襲ってきてます。

沖には海上保安庁の巡視船が往復している状況。

そして砕けた波の中を大きめのサーフの石がゴロゴロ転がり、たまに足にヒット💥して痛いです。

 

海一帯で、立ち位置から70~80m程の沖には潮目ができておりますが、そこには大量の流木やゴミが漂っている状況。

 

波とゴミでプラグ系は使い物にならないし、波も強烈なので使用可能なアイテムはメタルジグくらいです。

 

多少待ったところで状況は変わらないので、とにかく開始。

とりあえずキャストを繰り返します。

 

まあ、釣りがとりあえず成立しているので、静岡サーフよりはマシなのですが激シブな状況。

 

「釣れる気がしない・・・」って思っていた7時半過ぎ頃でしょうか、突如Hiro にヒット💥❗

 

ロッドが曲がり良い引きしています❗

まさかの状況に盛り上がる⤴⤴我々😄

 

そして寄せてきたところで、強烈な波が砕け白泡に揉まれ、無念のフックアウト💦❗

「バレたー」っと崩れるHiro。

 

そうです、本日の強烈な「うねり」による波が押し寄せ砕け、波打ち際はぐちゃぐちゃなのです。

 

バレはしましたが、そのヒットに我々のテンションとやる気は急上昇ですよ👍

 

そして、ほどなくして今度はkojiro にヒット💥❗

 

今度の魚は、かなりの走りを見せドラグが出ています。

 

駆け寄る我々、かたずを飲み見守る周囲。

 

なかなかのファイトを見せていたその時、「パッツン💥」っとラインブレイク❗

「マジかー」っと崩れるkojiro 。

 

見るとショックリーダーとジグとの結束付近でのラインブレイク。

この波に揉まれキズが入っていたのかも知れません。

 

この激シブの中、続くヒットに気合いが入ります❗

 

しかし・・・私には来ません😢

 

随分と時が経過し、周囲の釣人も随分と減ったAM9:40過ぎ、待ちに待ったその時がきたのです❗

 

ジグが着底後、3~4回ジャークしてスライドさせた瞬間、「ガツン💥」とバイト❗

 

アワセをくらわせるとフッキング成功👍

なかなかの良い引きですよ🎵

 

バラシてなるものかと慎重にファイトし、寄せ波で一気に上げると無事水揚げ成功👍

タイミング良く波が小さかったので助かりました。

 

ショゴ(カンパチの子供)をGET❗
f:id:golomon:20180917093519j:image

ヒットルアーは、撃投ジグレベル40gのカラーはピンクです。

[http://www..com/

30cm くらいのかわいいサイズですが、ホゲ回避成功ですよ😄

 

もう少し大きければキープするところですが、かわいいサイズですし、釣れてくれてありがとうなのでリリース。

ホゲ回避にホッとひと安心です。

 

さすが撃投ジグレベルですよ、ショゴにはめっぽう強いですね。

このジグのスライドがショゴに効くのですよ。

 

しかしその後は・・・続きません😢。

 

しばらくして、ふと右側を見ると海上に鳥が舞っています。ナブラですよ❗❗

しかも岸から届く範囲です❗

 

距離にして約100~120m先でしょうか、釣人は誰もいません❗

一目散にサーフを猛ダッシユ💨❗

 

しかし、自分がオッサンであることを忘れていましたよ、現場に着く時には息も絶え絶え、キャストに力も入らずです😱。

しかも、速攻でナブラ終了・・・。

 

ナブラは移動して、ダッシュする前の場所で出現している始末😨。

ダッシュしなきゃよかった・・・」

 

当然、釣れる訳なく無駄な体力を使っただけのアホなオッサンに。

我ながら、何してんだかです😅

 

そんなことをしていると、kojiro にヒット💥❗

 

1匹目よりも小さい様子ですが、今度こそとファイトしています。

 

そして本日最大の難関、強烈な引き波と巻き崩れる波で、無念のフックアウト❗

 

またしても逃げられ崩れるkojiro 😨。

 

そして11時過ぎ、終了。

 

そして昼メシと買い出しに上州屋沼津店へ💨

 

で、上州屋沼津店で見つけてしまいましたよ。

 

それはこちらです。

 

上州屋オリカラスピンドリフト90HSです❗
f:id:golomon:20180917133442j:image

カラーは4種類ありましたが、その中で好みの2種を購入しました。

 

早速開封してみますよ。


f:id:golomon:20180917133822j:image

画像の奥がガチョピンWG、手前がERHGBというカラーになります。

共にキャンディーカラーにグローベリーとなっている、美味しそうなカラーではありませんか👍

入手できて幸せですよ😄

 

しかし、静岡の釣具店のルアーの充実ぶりには驚きますね。

 

私の近所ではいまだお目見えしたことがないルアーがタップリありましたよ。

フリッパーZ42gとかメタルドライブにアスリート12SSPとかね。

 

やっぱり地域性なのでしょうね。

東京だとブラックバス中心ですから。あっても東京湾奥のシーバス用が多いのですよ。

 

もし私が静岡に住んでいたら、釣りに狂い過ぎるかもしれないですね😅。破産するな。

 

とまあ、そんな訳で上州屋を後にしたのでした。

 

そして今回の釣行で、なにより一番驚いたのがこちらです❗

 

ドン❗
f:id:golomon:20180917135855j:image

 

ドン❗❗


f:id:golomon:20180917135949j:image

 

そうです❗、「NESSA LIMITED S104MH」と「18ステラ4000XG」です❗

 

これをこっそり揃えていた人物がいたのですよ❗

それは、kojiro です❗❗

 

そりゃービックリですよ❗

シマノが誇るフラッグシップですよ、それを2つ組み合わせたスペシャルですよ❗❗

 

まさか身近でそんな人が出現するとは、嬉しいではありませんか😄

釣りバカが増えて心強いですよ。気がねなく誘えますし、誘ってもらえますね👍

 

そして持たせて頂きましたよ。

マジか❗っていう驚愕の軽さでしたね😲💦

 

ますます欲しくなったことは、言うまでもありません。

ホント、素晴らしい逸品ですね。

 

ということで、沼津サーフを後にしたのでした。

 

海況がいまいちでしたが、3人全員にヒットするということで、魚影が濃い感じを受けましたね。

非常に好感が持てるサーフでした。

 

もっと条件の良い時に、再挑戦したいと思いますよ。

 

来週も3連休ですね・・・。

沼津サーフ行こうかな。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10回上州屋ヒラメダービー開催中

どうもゴロモンです。

 

今回は、上州屋さんで開催中の「第10回上州屋ヒラメダービー」についてご紹介します。


f:id:golomon:20180913213152j:image


浜松店のショップニュース|つり具の上州屋 - あなたのフィッシング&アウトドアライフをサポート

 

今回で10回目を迎えるという、毎年恒例のヒラメ大会であるこの「上州屋ヒラメダービー

 

 

ルアーで釣ったヒラメを、上州屋に持ち込むだけの簡単ルールで、しかも参加費無料のこの大会❗

 

すでに開催中とのことなので、早速大会ルールなど詳細をご紹介しましょう。

 

●開催期間

・2018年9月1日~2019年1月31日

 

●競技方法

・ルアーで釣った全長40cm以上のヒラメ1匹の長寸で競う。

静岡県、愛知県内の岸から(ウェーディング可)の釣果に限る。

 

参加費無料

 

●登録方法

①静岡、愛知県内のダービー開催店舗へ持ち込み。

②その場でスタッフが計測、写真撮影

③エントリーカードを記入し、エントリー完了。

 (エントリーサイズより良型が釣れた場合、再度持ち込み可)

 

●注意事項

・上州屋スタッフが計測して40cmに満たないヒラメはエントリーできない。

・エサ、サビキ等ルアー以外で釣ったヒラメはエントリーできない。

・釣り場での事故、怪我、トラブル等において責任は一切負いかねます。

・釣り禁止エリアへの立ち入りや不法駐車、ゴミのポイ捨てなど迷惑行為の無いよう、ルールを守って釣りを楽しみましょう。

 

●問合せ先:静岡、愛知県内の上州屋各店

 

以上の内容となっております。

 

毎年ハイレベルな戦いとなっている様子で、前回の第9回の結果は、下記の画像と過去記事とをご参照ください。

静岡サーフ釣行記~2018年3月3日(土) - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー


f:id:golomon:20180914145156j:image

衝撃の大きさですよ😓、凄すぎる・・・。

 

 

さて気になる賞ですが、上位入賞はもちろん、今回も【飛び賞】【レディース賞】、【ブービー賞】だけでなく、【堀田賞】【高木賞】も用意されております

 

でもって、今回の【堀田賞】は・・・


f:id:golomon:20180913223805j:image

シマノ スピンドリフト90HS

[http://www..com/

:title]

それと、DUO Beach Walker ウェッジ

[http://www..com/

:title]

 

そして【高木賞】はというと・・・


f:id:golomon:20180914070806j:image

DUO Beach Walker フリッパーZ

[http://www..com/

:title]

[http://www..com/

:title]

 

【堀田賞】【高木賞】の各賞については、スピンドリフト90HS、ウェッジ、フリッパーZでのエントリー者、各上位3名が対象となるそうですよ。

 

【堀田賞】【高木賞】は毎年恒例で、スーパーレアな賞品が用意されているとのことです。

 

こうなると、この3種のルアーはとりあえずキャストするようですね😄

 

他にも多数の賞品が用意されているそうで、協賛のメーカーさんからの品々がぞくぞくと揃っている様子😄


f:id:golomon:20180914100720j:image
f:id:golomon:20180914100741j:image
f:id:golomon:20180914100755j:image
f:id:golomon:20180914100808j:image

前回は参加賞もありましたので、今回も用意されているのではないでしょうか。

ちなみに前回の参加賞は、ステッカーとルアーケースを頂きました😄


f:id:golomon:20180914101821j:image

 

参加費無料で賞品を頂けるなんて、大変ありがたいことですよ。

上州屋さんに感謝です。

 

それと、ご参考というかご注意なのですが、店舗へ持ち込む際、できればヒラメを生きたまま持ち込んだほうが良いです。

記録的な座布団ヒラメは特にです。

 

美味しく食べるためには、釣ったら締めて血抜き後、クーラーボックスで冷して保管しますよね。

 

実はこれ、魚体が縮むのですよ。

 

前回の大会の際に私が持ち込んだヒラメは、釣ったばかりのは47cmでしたが、上州屋にて検量したら45.5cmに縮んでいたのです❗


f:id:golomon:20180914144451j:image


f:id:golomon:20180914144535j:image

 

その時の釣行の様子は下記の過去記事をご参照くださいませ。

静岡サーフ釣行奮闘記2 - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

噂には聞いていたのですが、初めて縮むことを実際に確認したのですよ。

 

まあ縮んだからといって、何の影響もない順位でしたけど😅

 

とにかく、記録的な大物の場合は生かしたまま、近くの上州屋に持ち込むことを推奨しますよ。

せっかくの大物なんですからね。

 

さて、この上州屋ヒラメダービーですが、大会期間も長くてお得な大会なので、静岡県・愛知県で40cm以上のヒラメを釣ったら、上州屋に是非持ち込んではいかがでしょうか。

 

皆で参加して大会を盛り上げようではありませんか❗

そして、貰える物はありがたく頂いておきましょう👍

 

私も早速、静岡への釣行を計画せねば。

 

ということで、第10回上州屋ヒラメダービーのご紹介でした。

 

ではまた。

 

 

サーフヒラメロッドの頂点へ。NESSA LIMITED

どうもゴロモンです。

 

今回は、シマノが誇るサーフルアーロッドの頂点である「NESSA LIMITED」についてです。


f:id:golomon:20180908162524j:image

[http://www..com/ネッサ リミテッド [NESSA LIMITED]|ソルトウォーターロッド|ロッド|製品情報|シマノ -SHIMANO-:title]

 

以前、6月に開催された熱砂LIVE鹿島パーティーの場でサプライズ発表されたこのNESSA LIMITED

 

速報として記事にしておりましたが、既に現在は発売されています。

http://golomon.hatenablog.com/entry/2018/06/09/204143

 

そこで、このNESSA LIMITEDがどういったロッドかを今回、纏めようと思います。

気の向くまま好き放題に記載しており、長文となりますのでご了承くださいませ😅。

 

今現在、私ゴロモンが最高に楽しいと思っている釣りは、サーフでのヒラメ狙いなのです(当然ルアーでのね)。

 

正直、このハイエンドモデルは欲しいと思っています。必ずこのNESSA LIMITEDシリーズのどれか1本は入手する気でいます。

 

1番ハマっている釣り(サーフヒラメ)なので、自分の中で1番好きな品で楽しい1日を思う存分過ごしたいのですよ。

 

もしかすると、他にもっと私好みのロッドがあるかもしれません。

ヤマガとか天龍とか、Made in Japan 気になりますね、物凄く。

 

でも、やっぱり熱砂なんですよ❗

熱砂、いい響きです。

この熱砂の言葉、堀田さんが名付け親とのこと。

熱い砂、サーフに熱くなる❗なんてね😄

もはや信者に近いかもですね。自分でもかなりキテると思います。

 

まあそんな訳で、自分の気持ち、やる気、日々のモチベーションをも高め、さらにロッド貯金を継続する鋼鉄の意思を造り上げる意味も込め、ロッドの詳細を知ろうということです。

 

まずは紹介文から順次気持ちを高めましょうかね😄

 

●サーフの時を至福に変える

 

f:id:golomon:20180908162216j:image

 

持った瞬間、キャストした瞬間、ルアーを操作した瞬間。

ロッドを手にする、あらゆる瞬間において感動できる、サーフルアーロッド「NESSA LIMITED」誕生!

シマノショアルアーロッド史上初の新設計手法を導入。

サーフルアーロッドとして求められる「真の軽さ」を、高強度を保持したまま実現。

現場で求められるものを徹底追究することにより備わった高次元の実釣性能。

「NESSA LIMITED」が生み出す、新しい悦楽を堪能していただきたい。

 

まさにLIMITEDの名に相応しい、熱砂の特別なロッドって訳なのですよ。

持っているだけで恍惚の表情になりそうです。

 

●NESSAの根幹思想

理想のサーフルアーロッドとは何か?この問いへの回答が、NESSAそのものだ。

シーバスロッドの流用では満足することができない。

満たされぬサーフの求道者たちに、本質を追究した専用アイテムをお届けする。

そんな思いを出発点に、2014年、NESSAシリーズは誕生した。

当時は新基軸であったNESSA CONSEPTも、いまやサーフルアーロッドにおけるスタンダード。

「NESSA LIMITED」の根幹を貫く基本思想でもある。

 

やっぱシマノのサーフヒラメへの、本気の取り組みが良いのですよ。

派生ではなく専用でNESSAのブランドで展開されていること、これに尽きます。

この事が私が好きな1つの理由であり、シマノがメーカーとしての好感度が上がり、熱砂信者への道へと突き進むのです😄

 

まあ、これは車も同じなんですけどね。

専用シャーシに専用エンジン、そんなスペシャルな品には心引かれるのです。

 

さて、ここまではコンセプト・イメージ的な話でしたが、ここからは本題となる機能面です。

 

 

体幹の強さを生む、必然の並継3ピース構造

f:id:golomon:20180909125552j:image

NESSAシリーズは以前から並継3ピース構造となっています。

この3本のブランクスには明確な役割を持たせてあります。

 

バット部の3番には強靭なバットパワー。

トップ部の1番にはルアー重量と抵抗に負けない張り・硬さを。

中間となる2番は、1番と3番をスムーズに繋げ、粘り重視のベリー部は常に曲がりの中心で力を発揮。

 

そしてこの並継部分、バット側のブランクス径が太くなり、強さ・パワーが増大。

フッキングやリフトパワーアップに貢献。


f:id:golomon:20180909131849j:image

継部分のGクロスプロテクターによる玉口意匠もカーボンクロス補強が美しく惹かれます。

 

実際に今現在、NESSA S1100MMH(3ピース)を使っていますが、この3ピースの良さは上記以外にもあります。

 

持ち運びに便利

なんと言っても最大の利点は仕舞寸法が小さくなることです。車中への積載時や現地移動の際に、非常に便利なのです。

この事はロッドの破損防止に役立ちます。

ドアに挟んだり、ぶつけたり等が無ければ無いほどキズ付いたり、折れる可能性が低くなるのですよ。

この事は非常に大きな利点だと思います。

けっして安くないロッドですから大切にしたいですよね。

 

 

●奇跡のベストバランス~真の軽さとは

 

このNESSA LIMITEDで大きく伝えているのがこの真の軽さ

自重ではない 「持ち重り」と「振り重り」という2つの観点からの重さですね。

10ft超なのに、9ft 台のバランスを実現とのこと。


f:id:golomon:20180909143621j:image

振り重り」・・・ロッドを振った時のとめやすさ、リールシートを中心とした回転のしにくさを、慣性モーメントの観点によって数値化したもの。

 

持ち重り」・・・ロッドを水平保持するために必要とされる力を数値化したもの。

 

今回NESSA LIMITED S102Mと従来品のNESSA S1002Mとを比較した結果、振り重り:-32.9%持ち重り(脇挟み保持):-18.2%を実現しているとのことです。

 

なかなか難しい話ですよね。リールシート付近に重量を集めれば、取り回し易さは上がりますけどね。軽すぎも逆に扱い難くなるので、バランス感が重要ですよね。

 

例えば、グラスコンポジットのロッドに軽量リールを取り付けると、全体重量は軽くなっているのにブランクス側が重いため、ロッドが非常に重く感じ、結果扱い難くなりますからね。

ブランクスが重い場合、手元が軽いと持ち重りで疲れることになる訳です。

 

もっと簡単に言うと、ハンマーの柄を持った場合と、ハンマーのヘッド部を持った場合とで振り回した時、どちらが軽く感じるか?ってことね。

同じ重さの物でも重心位置により、重さの感じ方が変わるということです。

 

非常に難しいことですが感覚を数値化し、真の軽さを求め、軽量化を達成されています。

地味ですが、非常に重要な要素です。

この人の感覚的なことを表現したことは素晴らしいと思います。

 

 

●抜け切る、キャストフィール!

フルキャスト後、瞬時にブレが止まる


f:id:golomon:20180912204737j:image

 

新設計手法により、究極のベストバランスを追究した「NESSA LIMITED」。

 

快適なキャストフィールを阻害する大きな要員の一つは、ロッドのブレ。

 

ということで、このブレ抑制のために数々の対策を行われているとのことです。

・慣性モーメントの値が小さい

・ブランクス設計による曲げ剛性のベストセッティング

・[マッスルカーボン]採用による低樹脂での軽量化

・ガイドシステムの適材適所化

 

という主な対策によりキャストフィールの良さと、綺麗にパワーが抜け切るクリアでシャープな振り心地を実現しているとのことです。

 

確かにシマノのロッドは張りがあって、振り切る感じが気持ち良いですからね。

NESSA S1100MMHを初めて使った際に、メタルジグがレーザービームのように飛んでいったのが印象的でしたから。

NESSA S1100MMH インプレッション - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

また、ブレが少なければ少ない程、ライン放出がスムーズになるので、当然飛距離も伸びることになりますね。

 

 

●未体験の情報伝達力

ベストバランスとNEWモノコックグリップが生み出す硬質の振動。


f:id:golomon:20180911202521j:image

 

持ち重りの低減は感度アップにも大きく貢献。無駄な力を使うことなく、手の平の上にロッドを乗せている感覚で釣り続けることが可能。

感度の向上には、振動を殺さず、アングラーの手の平に伝えてくれる[NEWカーボンモノコックグリップ]の採用も大きく貢献。

 

このカーボンモノコックグリップは、中空構造がもたらす軽さと高感度が特徴。

実釣におけるすべての振動、抵抗が、これまで以上クリアになり、解像度が高い情報として伝達される。

 

低樹脂で軽く、硬く、張りを持たせた設計の1番(トップ部ブランクス)も、ノイズを低減させ、よりクリアな情報の伝達にひと役買っている。


f:id:golomon:20180911210702j:image

感度アップにより、ルアーを通して伝達される水中情報が増加する。

 

この感度については高感度が良いことには違いないのです。

今まで逃していたかもしれないハッキリしないバイトが分かるようになるのですから。

 

ただ、ちょっと注意する必要があると思うのです。

 

それは、早アワセになりやすいのですよ。

慣れれてしまえばそれまでなのですが、ロッドを替えたばかりの時期は、ワンテンポ遅いくらいで良いかと思います。

 

あと、岩に当たったことを魚のアタリと間違えて、ガッツリ大アワセを喰らわすことです。

私はNESSA S1100MMHを初めて使った時にやらかしておりますから。ご注意を😅

 

 

●バットパワーは譲れない

スパイラルXコアが薄肉ブランクスの強度とパワーを確保。


f:id:golomon:20180911213834j:image

 

サーフルアーロッドとしての必要十分なパワー、そして強度を保持したまま、低樹脂の薄肉ブランクス構造での軽量化を現実のものとした「NESSA LIMITED」。

 

相反する難題の解決に大きく貢献したのは、シマノならではの基本構造[スパイラルXコア]の搭載。

この独自構造により、従来のNESSAと同等のパワーを保ちながら、より軽くすることを実現。

 

確かに、バットパワーについては、必要な要素ですよね。腰抜けロッドでは海の魚は相手できません。

 

バットにはロッドが自力でリフトさせる力が欲しいのですよ。

青物は走りますし、ヒラメは幅広くて水抵抗も大きいですから。

 

そして最後にズリ上げる力は超重要事項です。

そこでポロリとバラシ、なんて目も当てられません😓

 

 

FEATURES ~ シマノのテクノロジー

 

さてここからは、このNESSA LIMITEDに搭載されている数々のテクノロジーについて、その特徴をご紹介です。

 

●Xガイド エアロチタン


f:id:golomon:20180912185657j:image

軽さが空気を切り裂く

キャストフィールの向上と飛距離アップに貢献

ラインのダメージも低減するシマノオリジナル高性能ガイド

 

f:id:golomon:20180912185717j:image

「S102」のバットガイドに採用されるXガイド エアロチタンは、軽量チタン中空フレームに、シマノオリジナルの特殊表面仕上げを施した、高強度・高対摩耗の軽量薄肉金属リングを搭載。

 

円形断面のガイド(Xガイド エアロチタン)なので、風の流れをガイドがほとんど遮らないとのこと。
f:id:golomon:20180912190625j:image

ただ、このXガイド エアロチタンは「S102」のみ搭載なのです。

ちなみに、S1010M+、S104MHのバットガイドは、ダブルフットのRVガイドとなってます。

 

●NEWカーボンモノコックグリップ

f:id:golomon:20180912192327j:image

カーボンで一体成型「NESSA LIMITED」専用の新形状リアグリップ。

中空構造がもたらす軽さと好感度が特徴。

中空なので響いてビンビン感じるってことです。

 

●スパイラルXコア


f:id:golomon:20180912193505j:image

曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対し、さらなる高強度を徹底追究。

東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーなどによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用した基本構造。

 

●ハイパワーX


f:id:golomon:20180912194441j:image

ブランクス最外層をカーボンテープでX状に巻き付け、さらにネジレを抑制する強化構造。

ネジレに強く、ロッドの曲がりが常にアングラーの意図する方向性を維持。

このハイパワーX、見た目も綺麗です。

 

●ナノピッチ


f:id:golomon:20180912195231j:image

ブランクスを焼き上げる工程で使用する成形テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す製法。

ブランクスがより均一な圧力で締め上げられるため、高強度に大きく貢献。

 

細かいピッチがハイパワーXと合わさって、光の加減で浮かび上がり美しいですよ。

 

●マッスルカーボン


f:id:golomon:20180912202920j:image

長尺のアユ竿にも採用される、軽量&高反発が特徴のカーボン素材。

軽さ、感度の向上はもちろん、より硬く、剛性を向上した設計で、ロングロッドでも張りを持たせた調子の実現が可能。

 

このマッスルカーボンのおかげなのか、シマノのロッド特有の張りを感じることができますね。

 

●Gクロスプロテクター


f:id:golomon:20180912221109j:image

セクションの継部(#2と#3の先端)に施され、負担が集中しやすい継目の破損リスクを大幅に低減する。

スレッドではなく、カーボンクロスで補強することで、強度と耐久性だけでなく洗練された機能美も叶えている。

 

このカーボンクロス柄が高級感あふれており、所有欲を満たしてくれますね。

 

 

●手にしたその瞬間から、特別な時が刻まれる


f:id:golomon:20180912215113j:image

18ステラの高輝度シルバーカラーと調和するようなメタリックデザインをグリップ部に採用。

グリップ前部のEVAには、滑り止めを兼ね、サーフの波とヒラメの牙をイメージしたデザインをレーザーマーキング。

 

やっぱなんといっても、このデザインですよ❗

6月の熱砂LIVE鹿島パーティーで現物を手に取り見ましたけど、最高でしたね。

f:id:golomon:20180912220258j:image

18ステラと合わせたお値段も恐ろしいほど最高ですけどね😓

 

 

ということで、NESSA LIMITEDの代表的なテクノロジーをご紹介しました。

 

さて、そんなNESSA LIMITEDのラインナップは3アイテムとなっています。

 

●S102M

 

f:id:golomon:20180912222022j:image

・全長:3.1m

・仕舞寸法:108.3cm

・自重:162g

・プラグウエイト:8~36g

・ジグウエイト:MAX 42g

 

シリーズ随一の軽快さが特徴。

操作性と遠投性をバランス良く兼ね備え、サーフ攻略の要となるミノー、メタルジグ、ジグヘッド&ワームなど、幅広いルアーに適応。

オールラウンドに活躍するアイテム。

[http://www..com/

:title]

堀田さんのお言葉によると、やや軽めのルアー、プラグメインでシンペン、軽量級のジグヘッド&ワームに適しているライトなロッド。

70m前後を射程内として、ブレイクラインが近く、飛距離がそんなに必要ない急深サーフなどでおすすめとのことです。

f:id:golomon:20180912223721j:image

ウエイト0.5kg と1.5kgの負荷を与えた状態の曲がりを見ると、ライトなロッドという通りにラインナップの中では、1番軟らかい番手となっています。

 

 

●S1010M+


f:id:golomon:20180912224234j:image

・全長:3.3m

・仕舞寸法:115.0cm

・自重:179g

・プラグウエイト:8~42g

・ジグウエイト:MAX 48g

 

軽い力のキャストでも安定した遠投性能を発揮するロングロッド。

長さを感じさせない軽量バランスが特徴。

沖のブレイクラインやサンドバー狙い、幅のあるジャーク&フォール、遠距離でのフッキングなど、あらゆる要求に応える一本。

[http://www..com/

:title]

堀田さんのお言葉は、万能なロッドです

すべてのルアーに適応し、10ft10inchのロングレングスなので、様々な場面で優位性を発揮。


f:id:golomon:20180912225906j:image

ウエイト負荷による曲がりを見ると、意外にもラインナップの中では1番強いロッド。

シャッキリ感があるとのことなので、張りがある様子ですね。

 

 

●S104MH


f:id:golomon:20180912230406j:image

・全長:3.15m

・仕舞寸法:110.0cm

・自重:172g

・プラグウエイト:10~50g

・ジグウエイト:MAX 50g

 

圧倒的な飛距離を生み出すパワーロッド。

重量級のメタルジグやジグヘッド&ワームをフルキャストしたときの、シャープなキャストフィールは格別。

レスポンス性にも優れ、ジャーク&フォールにも機敏に対応。

 

堀田さんのお言葉は、ヘビーなルアー、遠投したいときなど、MHパワーを生かした釣りを得意とするロッド。

 

ほぼ全てのヒラメ用ルアーに対応。軽くて強いロッド。

 

f:id:golomon:20180912231356j:image

MHパワーで短いので硬いのかと思っていたのですが、意外にも曲がるロッド。

バットパワーを活かしてジグをフルキャストすると気持ち良く振り切れるロッドでしょう。

 

そんなNESSA LIMITEDの紹介動画もありましたので、ご覧ください。

 


サーフの時を至福に変える。NESSA LIMITED - YouTube

 

ということで長々とご紹介しましたが、記事として書きながらですが、現状のラインナップ3種の中で、私ゴロモンが買うならどれか?というと・・・

S1010M+」 ですね。

 

私は基本はミノーを使いますし、飛距離も欲しいのでロングロッドが良いので。

 

欲を言えば、11ft のロッドがラインナップに追加されないかなーって思っています。

「来年のフィッシングショーあたりで出てきたらいいな」って少し期待している今日この頃。

 

とても良い値段のロッドですから、すぐに買えるほどの財力はございませんので、貯金しながらゆっくり待つとします。

 

ということで、NESSA LIMITEDが凄く欲しいってことで。

 

ではまた。

 

 

 

 

「バーサス魚紳さん!」上州屋とコラボ中

どうもゴロモンです。

 

今回は、バーサス魚紳さん!と上州屋の特別コラボについてご紹介します。


f:id:golomon:20180908120557j:image

 

まず「バーサス魚紳さん!」について少々解説しますと、イブニング(講談社)にて連載中の、釣りキチ三平スピンオフ漫画で、魚紳さんこと鮎川魚紳が実在のアングラーと対決するという釣りバトル漫画。

 

魚紳さんとは、三平の憧れであり、師匠であり、兄貴でもあり、そしてライバルでもある存在の人物です。

 

魚紳さんといえば、当時、釣りキチ三平を擦り切れるほど読み漁り、TV放送をリアルタイムで見ていた我らオッサン達にとっても憧れの存在。

 

思い起こすとデカバルトや四万十川の潜水艦、サーモンダービーに谷地坊主、桜吹雪のカラス鯉の色止め佐吉、う~ん・・・懐かしく思い出されます😌

 

おっと、ちょっと脱線しました。

 

そんな漫画のバーサス魚紳さん!と上州屋がコラボしているのですよ。

 

2018年9月6日(木)から開催の上州屋グループ各店「総決算セール」にて、店内商品お買い上げで希望者に「魚紳さん特製ポスター」を1枚プレゼントなのです❗


f:id:golomon:20180908124118j:image

※ポスター希望者は商品購入時にレジにてその旨を伝えると貰えます。

 

このプレゼント企画は、用意したポスターが無くなり次第終了とのこと。

 

こいつは急いで上州屋へ行かねばですよ❗

 

ということで、当然ですが私ゴロモンは早速GETしましたよ👍


f:id:golomon:20180908124931j:image

欲しい方は今すぐ上州屋へGO❗です。

 

詳しくは下記リンク先の上州屋HPにてご確認ください。

[http://www..com/上州屋דバーサス魚紳さん!”特別コラボ企画!ご希望の方に「魚紳さん特製ポスター」プレゼント! | 上州屋ニュース-つり具の上州屋 - あなたのフィッシング&アウトドアライフをサポート:title]

 

それと、このバーサス魚紳さん!ですがイブニング電子版で第1話が試し読み無料公開中ですよ❗


バーサス魚紳さん!/原作 矢口高雄 漫画 立沢克美 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

 

読み終わった後、なぜだか魚紳さんが「赤い彗星」のあの方に見えたのは私だけでしょうか・・・。

 

まあそんなことで、とにかく上州屋へ急げってことで。

 

ではまた。

 

釣った魚を美味しく食べよう~フライ編

どうもゴロモンです。

 

今回は、釣った魚を美味しく食べようと題して、先日西伊豆で釣り上げたシイラ(ペンペン)の、ゴロモンお勧め料理をご紹介しようと思います。

 

我がゴロモン家では、こちらの料理が大人気❗

ジャ、ジャーン🎵

シイラのフライです😄
f:id:golomon:20180903184220j:image

 

ゴロモン家ではシイラを釣ったら必ずフライにするという定番の料理です。

 

ほんとに旨いんですよ❗

普通の魚のフライと違って、なんて言えばよいか肉ぽいのですよね。

例えるならヒレカツに似ていると私は思います。

マジで何枚でもパクパクいけますよ🎵

 

子供も相当な枚数をバクバク食べますから、釣って捌いて作った私も、その食いぷりに嬉しくなります😊。

 

なんせフライを作るって言ったら、子供のテンションが急上昇⤴。

子供は正直ですよ、旨い物への反応が素直ですからね。

 

さて、フライの作り方は至ってシンプルです。特別なことは何もしてませんよ。

 

簡単ですから順にご紹介しますね。

 

先日釣ったペンペンは、3枚におろして冊にした身をラップに包んで冷凍で保存していましたので、まずは解凍から始めます。


f:id:golomon:20180905191253j:image

冊ごとにラップに包んで冷凍すると、後日料理する時に便利なんですよ。

 

 

①解凍する

レンジでチンでも良いのですが、上手く解凍できないので、ボールに水を張ってその中に、ラップに包んだままの冊にした身をぶち込みます。

この方法が上手く解凍できますから。


f:id:golomon:20180905102044j:image

 

水温にもよりますが、だいたい20分くらいで解凍できると思います。

 

②食べやすい大きさに切る

適当に食べやすい大きさに切ります。

我が家では、子供がいますので少し小さめですけど。

 

③塩・コショウをする

切り身に塩とコショウをパッパッパッっとふります。

お好みに合わせて適量でどうぞ。


f:id:golomon:20180905102130j:image

我が家は片面だけにふっています。それで充分美味しいですし、子供も食べるので気持ち少な目にしています。

 

④衣の準備

小麦粉と溶き卵、パン粉を準備します。


f:id:golomon:20180905185401j:image

ちなみに、ペンペン3匹分で卵を2個使いましたよ。

 

⑤小麦粉をつける

塩・コショウした切身全体にまんべんなく薄くつけます。


f:id:golomon:20180905185854j:image

全体につけたら、軽く叩いて余分な小麦粉を落としましょう。

小麦粉はつけすぎないように注意です。

 

⑥溶き卵にくぐらせる

溶き卵に小麦粉をつけた切身をくぐらせます。


f:id:golomon:20180905191536j:image

卵をつけたら、ちょんちょんって皿のフチで垂れてくる分を切ります。

 

⑦パン粉をつける

溶き卵にくぐらせた切身にパン粉を全体につけます。

表も裏もまんべんなく。ひっくり返して全体に。
f:id:golomon:20180905202330j:image

さらに、表と裏には上からパン粉をかけて、軽く指で押し付けます。

 

とりあえずパン粉をつけた状態は、こんな感じに。
f:id:golomon:20180905203223j:image


⑧油で揚げる

サラダ油を180~200℃に熱したら、油の中に投入します。

入れすぎてくっつかないように注意です。

 

※油をオリーブオイルにして揚げると、サッパリして更に美味しくなりますよ👍。


f:id:golomon:20180905203957j:image

※油温の判別方法

●衣を落として途中ですぐ浮いてくれば、だいたい180℃。

●菜箸を油に入れて箸全体から泡が出れば、だいたい180℃

温度計がない時は、上記を目安にどうぞ。

 

揚げ始めは細かい泡が勢いよく大量に出ます。

その後、切身が油の表面に浮いてきます。

そして泡が大きくなり、たいした勢いがなくなってきたら、揚がってきた感じです。

 

そうなったら裏返しましょう。

 

裏返した直ぐは泡に勢いが戻りますが、暫くするとまた弱まった感じになります。そうなれば、そろそろ揚がってきましたよ。

 

そしていい感じのキツネ色になったら取り出して、油切りバットに暫く置いて余分な油を落とします。

 

油切りバットって、こんな皿です。

[http://www..com/

:title]

 

⑨完成❗

こんがり揚がりました❗

温かいうちに召し上がれ、です😋


f:id:golomon:20180905213526j:image

 

いかがでしょうか?たいして難しくはないでしょう。

 

私は同じ方法で他にもヒラメや鯛のフライを食べますけど、シイラとまた違う素晴らしい旨さですね。

まさに釣り人の特権だと思いますよ。

 

この旨さを知ると、弁当の白身魚のフライが食えなくなってきますから😅

 

そしてなにより、釣ってきて、捌いて、料理まですれば家族も大喜びですし、「また釣ってきてくれ」というお言葉を頂けるのですよ🎵

 

これで大手を振って釣りに行けるって訳ですね。

 

でもって私ゴロモンにも、「シイラとヒラメを釣ってこい」と奥方様から指示を頂いておりますよ👍

 

まあ、簡単に釣ってこいって言われても、ホゲってばかりで難しいのですけどね😢

 

さて、今週末の天気・海況はどうなんでしょうかね?、気になって仕方ないです。

 

ということで、ちょっと趣向を変えてみた料理記事でした。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

熱砂 メタルドライブが気になっている件

どうもゴロモンです。

 

今回は、シマノから発売中の 「熱砂 メタルドライブ」についてです。


f:id:golomon:20180903214605j:image

 

6月のことですが、熱砂LIVE鹿島パーティーに参戦した際、当日サプライズ発表されたこのタルドライブ


f:id:golomon:20180903214646j:image

 

その時の模様は下記過去記事に纏めておりますのでご参照ください。

【超速報】Metal Drive 登場❗ - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

まあ正直なことを言うと、この時の第一印象は「キテレツなルアーが出たなー」って思ったのですよ。

 

実際のところは、良く考えられた品で製品化するにあたり、大変なご苦労があったであろうと思います。

 

ただ現地で見た時は失礼ですが、飛行姿勢は面白いけどジグヘッドリグと、さほど変わらないのではないかと。

 

動きはジグヘッドにシャッドテールワームの組み合わせと同じじゃねーの?ってね。

 

なのであまり気にならなかったのですよ。

なんせワームだし、ハードルアーバカなもんでね。

 

それから月日は流れて本日ですが、シマノTVでメタルドライブのプロモーションと実釣動画がUPされているのですよ。

 

でもってチェックしたって訳です。

 

ということで、まずはご覧下さいませ。

 

メタルジグの飛距離 X ワームの喰わせ 熱砂メタルドライブ! - YouTube

[http://www..com/http://tv.shimano.co.jp/sp/detail/7491メタルジグの飛距離 X ワームの喰わせ 熱砂メタルドライブ! | SHIMANO TV:title]

 

 

NESSA LIMITED X 熱砂メタルドライブ 実釣編 - YouTube

[http://www..com/http://tv.shimano.co.jp/sp/detail/7493NESSA LIMITED X 熱砂メタルドライブ 実釣編 | SHIMANO TV:title]

 

いかがでしょう?

私ゴロモンは、意外にいけるんじゃねーって思ったのですよ❗

 

水中動画の泳ぎを見ると、テールだけが動く感じかと思っていたのが、意外に本体のジグ部分が激しくローリングしてるのですよね。

ワーム部は少し遅れてウォブンロールって感じで。

 

ワーム素材でこの動きが出るって面白いなと👍。

 

そして何より堀田さんのエキサイティングなファイトシーンですよ❗

マゴチ3匹にヒラメも水揚げ、素晴らしい❗

 

堀田さんにファイトと解説を頂いたら、そりゃーテンションも上がってきますよ🎵

 

なので、この動画を見てしまったらタルドライブが気になって気になって仕方ないのです😄

 

もう私の頭の中では、メタルドライブで爆釣中であることは言うまでもありません😅

まんまとハメられていますよね。

 

ということで、メタルドライブ欲しくなっているゴロモンでした。

[http://www..com/

:title]

 

でも、まだ近所の魔界では見てないのですよねー。

たぶん、静岡とか茨城とかサーフの本場付近の魔界にはとっくに並んでいるのでしょうかね?

 

どうしよう、ポチるかな・・・。

 

ではまた。

 

 

 

ナチュラムでRBB リバレイ商品がセール中❗

どうもゴロモンです。

 

今回は、お得な情報をお伝えしようと思います。

 

現在ナチュラムで、RBB リバレイ製品のセールが開催されておりますよ❗


f:id:golomon:20180902142837j:image

 

ナチュラムをご存知ない方へ簡単にご説明しますと、アウトドアとフィッシング商品に特化した、業界最大級のオンラインショップとなります。

[http://www..com/:title]

 

そんなナチュラムで現在、RBB リバレイ製品が激安価格でセール中なのですよ❗

 

早速、その商品の数々をご紹介します。

 

リバレイRBB タイドストレッチレインスーツ

 ¥19,440(50%OFF) ➡¥9,800(税込)

リバレイ RBB RBB タイドストレッチレインスーツ 8745|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

[http://www..com/

2.5層の透湿防水、伸縮素材のレインスーツが50%OFF❗ 
カラーも3色から選択可能ですね。
 
 

●RBBドライハーフパンツⅡ

 ¥3,564(44%OFF) ➡¥1,980(税込)

リバレイ RBB RBB ドライハーフパンツII 8794|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

[http://www..com/

私ゴロモンも愛用中のこのハーフパンツが衝撃の価格に❗
速乾素材で通気性も良くて、ラッシュパンツと組み合わせると、真夏の釣行では最強です❗マジお勧め👍。
ポケットも前に2ヶ所、後に1ヶ所あります。
カラーも選べますよ。
しかし、魔界で3千円以上したのに・・・ちょっとショック😢。
 
 
●RBB防蚊UVラッシュガード18
 ¥4,567(56%OFF) ➡¥1,980(税込)
[http://www..com/
1度使ってみたいと思っていた防蚊ラッシュガードがセールに❗
この値段ならワークマンのラッシュガードと変わらない値段。
来シーズン用に上下合わせて購入するかな。いつも海のゴロタ場でいつの間にか虫に刺されているので。
 
 
●RBB防蚊UVラッシュパンツ18
 ¥4,536(56%OFF) ➡¥1,980(税込)
[http://www..com/
これも防蚊のラッシュパンツ。
これにドライハーフパンツの組み合わせは真夏最強ですね(涼しく快適って意味で)。
この値段ならマジで上下揃えるかな。
 
 
 
●RLライトウェイトチェストハイウェイダーⅡ
 ¥12,960(54%OFF) ➡¥5,980(税込)
[http://www..com/
耐久性に優れたリップストップナイロン採用。裏側はポリエステルメッシュ張りで快適な履き心地。
ブーツは軽量オリジナルブーツ。ブーツ底部はフェルトソール。
この値段なら入門者や使用頻度の激しい方へ最適でしょう。
 
 
●RLフローティングベストⅡ
 ¥6,480(54%OFF) ➡¥2,980(税込)
[http://www..com/
フローティングベストがこの値段❗
浮力もちゃんと7.5kgですって。
背中にポケットが無さそうですけど、この値段ですから。
入門者にピッタリですよ。
 
 
●RLワンショルダーバック
 ¥5,940(50%OFF) ➡¥2,980
[http://www..com/
陸ッパリに最適なワンショルダーバック。手頃なサイズで使いやすい感じ。
この値段なら文句なんてございませんよ。
カラーは2色から選択可能です。
 
 
●RVアクアマックスチェストハイストッキングウェイダーⅢ
 ¥31,320(46%OFF) ➡¥16,800(税込)
[http://www..com/
高密度ポリエステル100%(aquamax3レイヤー透湿防水加工)で高い透湿性と耐久性を誇るストッキングウェイダーが衝撃の価格に❗
この値段になることは、少ないのではないでしょうか。欲しかった人は良い機会だと思います。
 
 
気になる商品をご紹介しましたが、在庫には限りがあり、売り切れ後免となっていますので、お早めにどうぞ。
 
ではまた。
 
 

今日から9月、サーフへの準備を始める

どうもゴロモンです。

 

灼熱地獄であった8月もようやく終わりましたね。

今日から9月ですけど、どうなんでしょうね?まだまだ暑い日々が続くのか、それとも突然涼しくなるのでしょうかね。

 

さて、9月も中旬を過ぎればそろそろサーフでのフラットフィッシュ狙いを考え始める頃になります(私が住む関東近辺の話ですが)。

 

ということで、ちょくちょく魔界巡回しながら新兵器を入手して、ウレタンドブ浸けを進めている今日この頃です。

 

そんな訳で、最近入手して秋からのヒラメシーズンに投入予定の兵器を少々ご紹介します。

 

まずはこちら

Jackson  サーフグライド です。


f:id:golomon:20180901072959j:image

Jackson

 

カラーはクリアークラウンインパクト、私が欲しかったカラーの一つです。

 

サーフグライドについては以前記事にしておりますので、詳細は過去記事をご参照ください。

Jacksonの「サーフグライド」が凄く気になる件 - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

実際に手に取って見ると、結構面白い形状をしていましたよ。

 

画像のように後方が大きくなっているのですが、円形ではなく角ばっているのですよ。
f:id:golomon:20180901073635j:image

9mmのタングステンウエイトを搭載しているので、そのスペースと浮力の確保に伴うこの形状なのでしょう。

 

テールに向けて尖った形状になっています。
f:id:golomon:20180901073852j:image

キャスト時の空気の流れが良さそうな感じ。

 

ボディー幅は一番大きい部分で15mm程ありました。
f:id:golomon:20180901074003j:image

これでお尻を振るとブリブリですね👍

 

一般的なミノーと形状が異なっていますので、上手くローテーションを組んでアピール感を変化させたいと思います。

 

あとは引き心地がどうか?ってところですかね。使うのがとても楽しみなルアーの一つです。

[http://www..com/

:title]

 

次はこちら

スカジットデザインズ スライドベイトヘビーワン です。


f:id:golomon:20180901083812j:image

 

これはスライドベイトヘビーワンのシーバスカスタムで120mm、28gの3フック仕様。

フェザーフックなしのオヌマンチューンモデルとなります。

 

中古で見つけたキズ一つないピカピカのお宝😄

 

スカジットデザインズと言えばパンプキンっていうポッパーが有名ですね。

スカジットデザインズは2015年に倒産した様子ですが、今現在は復活して再販していますけど、このシーバスカスタムは無いみたい。残念😢

 

今やシンペンと言えば確固たる地位を獲得していますが、このヘビーワンはシンペンメジャー化の先駆けとなったルアーの一つではないでしょうかね。

 

水平姿勢でお尻をしっかり左右に振るウォブリングアクションとフォーリング時にはボディーを小刻みに揺らしターゲットにアピールする秀逸なシンペンです。

 

90mmのものとなりますが動画がありました。良い動きですよ❗

[http://www..com/スライドベイトヘビーワン アクション編 - YouTube:title]

 

今回入手したカラーは「チャートヘッドキャンディー(マグマ)」です。


f:id:golomon:20180901100054j:image

なかなか中古で見かけない物なので、状態の良い物に出会えてラッキーですよ🎵

ちなみに銀粉カラーは、発見次第に即確保の必要がある逸品ですよ。

[http://www..com/

:title]

 

さて次はこちら

DUO Beach Walker ウェッジ です。


f:id:golomon:20180901103609j:image

Beach Walker Wedge - SALT WATER | DUO

 

このウェッジについては、以前記事にしておりますので詳細は下記の記事をご参照ください。

ビーチウォーカーウェッジに期待大 - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

今回入手したのは「高木レインボーゴールド」です。

 

購入時は結構なカラーが揃っていたのですよ。

そこで現物を見るとこのホログラムが珍しく、ゴールドの濃い色感とベリーのピンクに引き寄せられました😄。


f:id:golomon:20180901111351j:image

そういえばゴールドカラーのシンペンって持ってないなーってね。

 

重さも38gありますので、静岡サーフなどの水深があるところで使いやすいかなと。

 

駿河湾は深いので、底取りのしやすいのがいいですし、着底をのんびり待つのもかったるいですからね。

 

それにキャスト時には、ぶっ飛んで気持ち良さそうですよ。

 

ヒラメも私のように引き寄せて頂きたいです。

[http://www..com/

:title]

 

そしてこのルアー

邪道 アーダトイフェル125F です。


f:id:golomon:20180901112129j:image

Ja-do

 

これも中古で見つけたのですが、箱入り新品の一品。

 

カラーも欲しかった「花火」というキャンディーカラーで、派手で綺麗なカラーです。

 

このトイフェル125Fのアクションは、ハイピッチウォブンロールなのですが、可変アクションが売りのミノーとなります。

 

スロー~ミディアムリトリーブでハイピッチロール、ファーストでパニックアクションと可変するらしいです。

まあ、ファーストでバランスを崩すってことか?たぶん。

それで千鳥アクションするならばヨシですね👍。

 

この千鳥アクションこそがフィッシュイーターの喰うきっかけとなりますからね。

今回、期待のルアーです。

[http://www..com/

:title]

 

そしてこの2品

TIEMCO オーシャンドミネーター キーズ

MEGABASS フラットグライダー です。
f:id:golomon:20180901161318j:image

タックルベリーで発見。安くなっていたので購入。

 

まずはTIEMCOオーシャンドミネーター キーズですが、これは岸壁ジギング用のメタルジグです。


f:id:golomon:20180901193712j:image

 

このジグは比重の軽いODライトメタルなるものを使用されているそうです(良く知りませんけどね)。

 

要するにフォールスピードを落としてヒラヒラとゆっくり落とすことを目的としたジグにって訳ですね。

 

そして、ただ巻きでもしっかりウォブリングで泳ぐので、バイブレーション的に使えます。

 

画像はオーシャンドミネーター キーズを横から撮影したものです。
f:id:golomon:20180901194450j:image

見ての通りのセンターバランスのジグなので、最近多い飛距離重視のリアバランスとは違うフォールとなるのですよ。

形状もエッジが効いた形になっており、ジャークすると良いスライドするでしょうね。

 

ヒラメを狙う際は、スロージャークで誘うことが多い私なので、ガン吉とローテーションしようかと思っています。

 

ただ、センターバランスと比重の軽さから、飛距離は見込めないかな。

フォールスピードの遅さは遠浅サーフでの武器になる予感がします。

 

カラーもヒラメに良さげなパープルヘッドピンクを入手です。

 

今現在、タックルベリーで安売りしてるので予備を揃えるか思案中。

[http://www..com/

 

でもってMegabassフラットグライダー

METAL-X FLAT GLIDER | Megabass-メガバス

正直、安売りとはいえ、ちょっといい値段するので迷ったのですが、お試し購入。
f:id:golomon:20180901200812j:image

小粒の30gで飛ぶかなーってね。

それとジグ幅が約20mmありますので、ヒラヒラフォールで良い感じかなーと。

特に良く考えてません、いわゆるジャケ買い的なもんです。

[http://www..com/

:title]

 

そしてそしてようやく完成した、自作カラーの物達です。


f:id:golomon:20180901201647j:image

サーフのゴミと化していたり、塗装がボロボロだった物達に手間暇掛けて作業を進め、ようやくウレタンどぶ浸けまで完了しました😊

後はフックを装着するだけです。

 

いよいよサーフのフラットフィッシュを水揚げして入魂するだけです。

まあ、これが一番難しいのですけどね😅

 

後はいきなり海に奉納することだけは注意したいところです😓

ショックで、ぶっ倒れるかも・・・たぶん。

 

ということで、色々と思いを馳せながら準備を進めているゴロモンです。

 

ではまた。

 

 

 

 

蜂の恐怖再び~2発目をくらう❗

どうもゴロモンです。

 

やられましたよ、またしても痛い一撃をくらいました😢

 

今シーズン2発目となる一撃を、またしてもアシナガバチから頂きましたよ。

 

前回は7月にくらいましたので、期間としては1ヶ月半ほど開いた後のまさかの1発です😵。

蜂に刺されたら・・・。 - 釣りバカに捧げる日記~喰らえ❗ハードルアー

 

前回、数十年ぶりに蜂に刺されたのですが、

まさか同じ年に再度くらうとは、思いもよらずです。

ホントまさかですよ。

 

雑草がまとまって生えている中に蜂の巣があり、全く気がつかずに伸ばした右手をズキューン💥って一撃❗

 

今回は、その巣を撮影しましたよ。


f:id:golomon:20180831204747j:image

少し離れたところからズームで撮影したので、画が荒いですけど。

 

しかし、ホントに気がつかないものですよ、ガサガサやってる時には既に警戒していたのでしょうね。

いよいよ近付いたところで、攻撃されたということかと。

1発で済んで幸いですけど。

 

さすがに2回目なので口で吸うことはせずに、ツネルように絞りましたけど、上手く毒を出すことは出来ませんでしたね。

 

やはりポイズンリムーバは必要ですね。

まあ、必要な時には持ってないという・・・😢

[http://www..com/

:title]

 

 

でもって蜂に2度3度と刺されると、蜂毒に対する抗体ができ、アナフィラキシーショックを起こすとされていることは前回学んでおりますので、少々焦りましたよ💦

 

刺された痛みは5~10分程で治まりました。

 

その後、しばらく様子を見ていたのですが特に体調に変化は起こらず一安心しましたよ。

 

しかし事態は次の日、朝起きたらエライことに❗

 

右手、パンパンです😓
f:id:golomon:20180831211932j:image

まるでアンパンマンですよ💦

 

今回刺された場所は赤矢印の場所で、前回は黄色矢印の場所なので刺された位置は近いのですが、腫れ方に大きな違いが出ました。

f:id:golomon:20180831212529j:image
前回は手の甲が腫れるくらいで済みましたけど、今回は指のところからヒジの下までパッツンパッツンのボンレスハムみたいに。

手の甲が腫れ過ぎて、ぎゅっと握れなくなりました💦

当然ロッドを握れないので釣りはお休みに😢

仕事に支障が出るし・・・まったく💢。

 

患部は痛くないのですが、かゆいのですよね❗

特に腕の内側が。皮膚が薄いからでしょうか?弱いのですかね。よく分かりませんけど。

 

やはり2回目は抗体ができていたのでしょうね、見事に腫れましたよ。

 

でもってその後ですけど、3日目には腫れも引いて元通りになり、少しかゆみは残りましたが、4日目にはかゆみもなくなりました。

 

市販の薬は塗っていましたけど、効いたのかどうだか分かりませんでした。

 

まあ、続けざまに刺されるということは稀なこととは思いますけど、皆さまご注意くださいませ。

 

間違いなく2度目は酷くなります❗

人により程度はあるでしょうけど。

 

あと、草木が密集している部分は要注意ですね。

雨がしのげるからでしょうか、巣を作ることに適しているのでしょうね。

 

藪コギコギ構わず突っ込むとエライことになるって訳ですね、はい。

 

まあ、アシナガバチでよかったですよ、これがスズメバチだったら病院送りにされていたかと思うとゾッとします。

 

人間は自然の中では弱い生き物だと思い知った今日この頃。

あんな小さな蜂の一撃でボンレスハムですからね。

 

ということで、テンションだだ下がり😖⤵になったのでした。

 

ではまた。